水道のトラブルで修理依頼をする多くの原因

水道のトラブルで修理依頼をする多くの原因 家庭で水道の修理を依頼するケースで多いのが、詰まりや部品の劣化、継ぎ目部分のゆるみとなります。身に覚えがないのに水道料金が高額になる、床に水たまりやシミができている、排水溝から変な臭いがしている、壁の中から異音がしているなど、水漏れのサインはさまざまあります。これらのサインを見逃さず早い段階で修理を施さなければ、被害が拡大して大規模な工事が必要となり、修理代金も高額となって大きなダメージを受けてしまいます。また、毎日利用する水回りはトラブルが起こる頻度も高く、実際にトラブルが起こった時に適切な処置を施さなければ、かなりの不便を強いられてしまいます。家の中のどの部分にトラブルが起きやすいのかを、予め知っておくことは大切です。

■トイレの水漏れ

トイレの水漏れで多いのが、便器部分からの水漏れとトイレタンクからの水漏れです。一番多いケースがトイレタンクの水漏れです。いつまでも水が流れたままになっていたり、タンク内からチョロチョロと音がしている場合は、ボールタップという部分に不具合が発生しているおそれがあります。また、便器から水漏れしているケースでは、便器本体にヒビや亀裂が入っていることや、便器とトイレタンクを接続している部品の劣化が原因で発生します。その他にも、大量のトイレットペーパーや嘔吐物、水に溶けない異物を流したことによる詰まりが原因のケースや、節水するためにペットボトルをトイレタンクに入れたことや、尿石がついたことで排水管が細くなったことにより水漏れが発生するケースもあります。

■キッチンの水漏れ
キッチンの水漏れで多いのが、詰まりと部品の劣化による水漏れです。細かいパーツを組み合わせて構成されている蛇口は、壊れたり劣化しやすい箇所となります。寿命は約10年のため、築年数が長いアパートやマンションに住む時には注意が必要です。床から水漏れしているケースは、排水管の詰まりが原因となっていることがほとんどです。生ごみや油を直接排水管に流すことが詰まりの原因となるため、ネットや三角コーナー、排水管専用の洗浄剤を利用して詰まりを防ぐ心掛けが大切です。排水管が完全に詰まってしまったら、プロに水道の修理を依頼しなければいけません。自己流で修理をして排水管を壊さないためにも、速やかに連絡することが重要です。

■浴室と洗面台の水漏れ

浴室と洗面台の水漏れで多いのが、経年劣化や破損、詰まりが原因の水漏れです。特に浴槽は使用する水の量が多いため、トラブルが発生したら迅速に対応する必要があります。シャワーが水漏れしている場合は、本体もしくはホース部分の破損の可能性があります。混合水栓が水漏れしている場合は、パッキンやエルボの不良もしくは接続ナットが緩んでいる可能性があります。まず接続ナットをしっかりと締めてみて、それでも水漏れが続くようであればパッキンを確認します。もし使用している浴槽がユニットバスの場合は、構造が複雑になっているので速やかにプロに水道 修理を依頼する必要があります。浴室と洗面台も詰まりを起こしやすい場所です。石鹸カスや髪の毛が流れやすい排水溝は、ドロドロしたヘドロができて詰まりやすく悪臭が発生しやすい場所です。ネットを利用して直接流れない工夫をしたり、専用の洗浄剤でこまめに掃除するように心掛けます。

■まとめ
水漏れや水の流れが悪い、嫌なにおいがするなど、水回りのトラブルをそのままにしておくと、いずれ大きなトラブルに発展します。排水管部品の交換や修理だけでなく、家財や電化製品をダメにしたり、階下へ浸水して更なる被害が拡大する可能性もあるため、初期の段階で適切な修理を行うことが大切です。また水回りのトラブルを起こさないためにも、水漏れの大きな原因となる詰まりや破損が発生しないよう日々心掛けることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース